担保の抹消

1 担保抹消の登記とは?

 お持ちの不動産に「抵当権」「根抵当権」「質権」「先取特権」、このような名前の担保権の登記がある場合で、これら担保権が不要となった場合には、登記記録(登記簿)から抵当権等を抹消することができます。

 具体的には、住宅ローンを借りた時に設定された抵当権につき、金融機関からお借りしたお金と利息のすべて(被担保債権)を完済したような場合に、抵当権を抹消することができます。

 また、ご商売の関係で金融機関から事業融資を受けた際など、保証会社の「保証委託契約に基づく求償債権」を担保するための抵当権(または根抵当権)を設定する方も多くいらっしゃいます。これらの担保権の抹消登記手続の申請も当事務所で行うことができます。

2 登記費用の目安

詳しくは、①対象不動産の謄本、②事実関係がわかる資料、をご用意のうえ、お問い合わせください。

(1)登録免許税
不動産の個数×1000円
(例)
土地1筆+戸建て住宅1戸 → 2000円
敷地権が2筆ある区分所有建物1戸 → 3000円

(2)報酬、郵送代等

外国文書の翻訳の要否、遠方への出張の要否など、諸事情を考慮してお見積りします。
基本報酬 12000円~(消費税、郵送代 別)