商号変更

1 商号変更の流れ

商号は、会社の名称(社名)です。
商号が何であるかは、定款に書かれ(会社法27条2号)、登記されています(911条3項2号、912条2号、913条2号、914条2号)。

よって、商号(会社名)の変更は、以下2つのステップを踏みます。

(1)貴社の内部手続

株主総会を招集し、特別決議により定款を変更します。
株主が1名~数名の中小企業の場合は、オーナー様が新しい会社名を決めるイメージです。

(2)国に対する登記の申請

株主総会で決めた新しい商号につき、法務局で登記を申請します。
弊所が代理する場合、原則としてオンラインで申請し、議事録などの添付書類は法務局へ書留郵便で提出します。

弊所では、以上の(1)(2)とも、お手伝いさせていただきます。

2 必要な書類

(1)ご依頼にあたり拝見させていただく書類

・対象会社の履歴事項全部証明書
・定款
・株主名簿

 これらは登記申請で法務局には出しませんが、登記の添付書類を作る前提として確認しなければならないことが書いてありますので、拝見しています。
 お持ちでない書類がある場合は、ご相談にあたりお知らせください。


(2)登記申請に必要な書類

・株主総会議事録
・株主リスト
・登記委任状

3 標準的な費用

(総額)約5万6225円
(内訳)
登録免許税 3万円
弊所の報酬 2万2000円
その他:郵送代、消費税

※個別の事情により郵送代などが変わることがあります。